FC2ブログ

智の内的宇宙ラボ

嵐・大野智の底知れぬ才能と、美しいパーツと、癒しキャラを愛でるブログですm(__)m

79: 彼が見ているスプーン

こんにちは。



世間には
デジコンの感想が溢れつつありますが、
自分の目で確かめるまでは
触れない触れない…
ガマンガマン…



新しいものが発売されるたびに思いますが、
先走る情報と
自分が体験するまでのタイムラグのジレンマ…
新鮮さと第一印象を大事にしたいなら、
そこをコントロールしないと…
っていうのが、
ネットに住むようになって学んだことですね…。
もうちょっとの辛抱だもんね



月曜のZEROは
毎週自動予約にしてるけど
改めてやっといてよかった…



知らずに録画を見てて、
大野智の上海個展に密着、
が流れた時の嬉しい悲鳴…



ありがとう、ZERO
ありがとう、翔さん







とっても印象的だったのが
例えばスプーンを描く時、っていう話。


sp1.jpg
sp2.jpg



確かに、
例えばスプーンならこう描くだろうな、
ってのが頭に想い浮かぶ…
そこで試しに
実際にスプーンを持ってみる。
おお
まさしく、
スプーンにはいろんなものが反射しておる
う~む…
そんなこと今まで考えたこともなかったなあ…。



先入観や
固定観念を取っ払ってモノを見る、って
やろうと思ってもなかなか出来ない。
人間て、
やはり過去の経験や学習から
これはおそらくこういうもの、
あれは確かこんなかたち、
っていう予測を立てて物事を判断するように、
脳が出来てるはずなんですよね。
そういう無意識の働きも
生きていく上では必要なもの。



でも
凝り固まった先入観は
本質を見えにくくすることもありますよね…。
スプーンの話にとどまらず、
この人はこういうタイプ、とか
この人はそんなイメージ、とか
そういう枠で人を判断することの危うさ…



大野さんが
初めて会った人と
立場や年齢を感じさせない自然さで
すぐに打ち解けられるのも、
人を型にはめて見てないから
なのかもなぁ…なんて、
あさっての方向に連想が膨らむ…。



そして
言ったあとの可愛さよ



sp3.jpg
sp4.jpg



言っといて照れる…
ズルいぞ、もう


そいでまた
ここまで来て今更の
「恥ずかしい」の連呼w


sha1.jpg
sha2.jpg
sha3.jpg


そういうとこなんですけどね





上海の個展で
彼の作品を見て
泣き出してしまうファン…



彼を知る前の自分なら
なんでそこまで?
って思ってたはずだけど、
今なら彼女達の気持ちがわかる…。



作品を見て、
というか、
その作品に夢中で取り組む彼を
そこに感じて、
胸がいっぱいになりそう



その人そのものじゃなくても、
その人が作った、描いたものを観ただけで、
こういう心理が
自分の中に生まれるものなんだなあ…
ホントに、
自分の中のどれだけの鍵を
彼に開けられちゃったんだろう…
って思いますね…。






フリスタⅡの他メンのインタビュー内で
「こんなにバラバラな人たちに…
 大野智を加えたのが、嵐なんだね」
っていう翔さんのぽつりが、
嵐を象徴的に言い得てるなぁ…
って思ってたので、
このショットはホント嬉しかった



allmen.jpg



ZEROで大野智を語る翔さんは、
言葉がいくらあっても足りなさそう。
そして誇らしそう。


作風が変わってきたという大野さんは、
尖らず、大きくなった作品のように、
精神的にも
嵐をふんわり
包んでるんでしょうね…。



もうしばらく
フリスタに没頭したいけど、
あれよという間に
デジコンですもんね…
まあこれも、
嬉しい悲鳴ではあるんですが





ランキングではいつも皆様に
お世話になっております
っとしていただけたけてることに感謝です

にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ




こちらは私が嬉しいやつです

テーマ:大野智 - ジャンル:アイドル・芸能

FREESTYLE | コメント:2 |
<<80: 櫻井翔にひとつ言うなら | ホーム | 78: 夢の結末>>

コメント

しも、撮ってなかったかあ~v-356
それでもさ~どこかの誰かがあげてくれてる情報で見られるのは有難いよね~。
私も個展始まった時のWS、まったくGET出来なかったもん。
ホントぼやっとしてたんだよね、個展に関しては。自分が観に行けないからイジケてる、ってこともあってw

可愛いんだよ~もう、やっぱカワイイのv-343
翔さんに言いたい。
年齢重ねても、可愛いものは可愛いのです。

仕事に関しては普通はどんな情報も欲しいよね。情報こそが命、みたいなことあるし。
人間関係の中では、人をタイプ分けした方が対応が楽なんだよね…。
でも彼には、そんなカテゴライズは要らないんだろうね。もっともっと、その人の奥の方~~~~~を見てるような気がする。
彌生ちゃんとの出会いを見た時もそんな気がしたなあ…。
イタズラ描き、楽しかったよね、また観たいね。
あの時の会田誠先生と、婦人画報で大野さんと対談する山口晃画伯は、一緒に個展もやったことのある間柄なんだね。
悩んだけど注文した婦人画報、早く観たい!
忙しい夏は続くよね…。

2015-08-01 Sat 12:56 | URL | 眞琴 [ 編集 ]
くぅ~まさかあのタイミングで個展のを流すとは…
他で見てきちゃったけど、けっこう密着してたし長かったね✨

先入観ね…なるべく囚われないようにしようとは思うけど、なかなかね…
例えば新しく転勤してくる人とかだと情報を先に仕入れて安心しときたいってとこもあったりするし…ってか勝手に耳に入ってくるし…
彼はその人を見たまま、話して感じたままでその人となりを判断するんだろね。
年上だから話合わないだろなぁ、とかこの仕事してる人だからこんな事興味ないだろなぁとか最初からシャットダウンしてたら
何も広がらないだろうし。

あたらしあらしの時のイタズラ書きだって、その視点に、発想に驚いたもん。利休だっけ…お坊さんにしか私は見えなかったのに魚にしちゃうし。
彼の目や脳ってほんと不思議。私には一生理解不能なんだろなぁ。

でもだからこそアート作品見て、ちょっとでも智くんの見てる世界を共有した気分になれたらって思う。
“素直な”智くんワールドをね💕←素直発言の時の仕草も表情も照れ顔もかわいかった~💞

翔さんも興奮を抑えたような話し方で、しかも話し足りなさそうだったね✨
自慢の仲間だもん、そりゃ嬉しいよね( *´艸`)




2015-07-31 Fri 00:00 | URL | 志保 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |