FC2ブログ

智の内的宇宙ラボ

嵐・大野智の底知れぬ才能と、美しいパーツと、癒しキャラを愛でるブログですm(__)m

383: 嵐を過去にする時間

ご無沙汰しております。



本日は大野さんの入所25周年だそうで…
おめでとうと言っていいのかどうか
複雑ではありますが…
節目の日ですもんね。
彼もそんな風に
心の中で自分を祝福しているのか…
今の彼の心境は
誰にも覗き見ることはできませんけど、
今日という日を感慨深く思う瞬間も
あるのでしょうね…。



入所記念日が
どれほど記念すべき日なのか、
人気が出てから彼を知った自分にとっては、
今彼がこの事務所にいることに
非常に複雑な想いを抱いてる自分にとっては、
どう祝福していいか
言葉にしにくい心境ですが…
その日がなければ
彼を知ることのない人生だった、と考えると、
やはり一つの節目の日だったんですよね…。



そんな日のビデオクリップの発売…
皆様は購入されました?
購入はしてるけど、
まだ観てないという方もいらっしゃると思います。
私は5x20のCDは買いませんでしたが、
今回のビデオクリップは初回のBD買い、
昨日フラゲしました。
なんか久々にこうして嵐のMV観てるなあ…
って感じで今流しています。



観ながら、
自分の中に生まれてる気持ちを
少し整理しておこうかな、と思い書き始めてます。
MV集ですから、
ネタバレとか特にないとは思いますけど、
自分で観る前に他人の感想を入れたくない、
価値観の違う人には一言言わずにいられない、
という方は
先にお進みにならないで下さい。



私は真理を求める論文を書いてるわけじゃなく、
非常に個人的な感情の動きを
自分の心の整理のために書いてます。
人の感性はそれぞれ違う。
その違いを受け入れつつ、
共感もまたありうることの希少価値を大切にする。
それも
私が嵐を知ったことで学んだことです。



SNSに想いを載せること、
それを見ることが自由であると同時に、
見ないこともまた自由であり、
無視することも節度です。
何が品位なのか
匿名の世界だからわからないなんてことはない。
人間性は、発信の中に否応なしに現れる。
自分もそれを肝に銘じておかなくてはいけない、
と思っています。



そんなやつの戯言と思っていただける方は
お暇な時に読んでいただければ、
ってくらいの感じですので、どうぞよろしく
















クリップ集を再生してみて
何を観るかっていうと、
私は結局
「Step and Go」からになってしまう…
その前の時代にも素敵なMVはあるんでしょうけど、
自分にとってときめく嵐って
このへんからなんですよね…。
若過ぎるビジュアルやとんがってる音楽は
自分にとっては違うので。



ステゴー以降でも
カメラとか空とか見て
立ってるだけのMVとかは、
いくらビジュアルが素敵だとしても
やはりスキップしてしまう。
見た目だけで嵐を好きになったわけじゃない。
大野さんの美しさや才能は勿論だけど、
音楽とパフォーマンスのクオリティに驚かされたから。
やはり自分にとっての嵐は踊ってこそです。
MV集で次々流していくにつけ、
自分が嵐に何を求めてたのか
よりはっきりしてきた気がしますね…。



先日解禁の公式配信の中に
「Monster」と「truth」がありましたが、
これは有難かったですよね
立ちっぱとか、ニコニコわちゃわちゃだけじゃない、
一般的には仲良しキャラのイメージが強い嵐が
ガチで踊れば
こんなにカッコいい(正確にはカッコよかった)んだよ!
っていうアピールになったと思いますね。



大野さんのドラタイが
5曲の中で2曲あったのは
なかなか意外なことでしたが…
ダンスのクオリティを全面広告するなら
この2曲は外せないはずだと思うけど、
そういう当たり前のことがなかなか
当たり前にされてこなかったプロモーションに
智担は慣れてきちゃっててね…
最近の嬉しい誤算でしたね



でもクリップ集の後半…
悲しいくらい踊らなくなって来ますよね。
バラードならいざ知らず、
「Face Down」「Bittersweet」「Sakura」…
踊ってこそでしょう、という曲でも
ことごとく踊らなくなった嵐…



踊っても「GUTS!」とか「愛を叫べ」のような
なんつーか…みんなで踊れるよ!的なね。
「つなぐ」だって、
大野さんの振付だし踊ってるけど…
「Crazy Moon」とかの振付と比べたら
何に忖度してこうなったのか…と寂しくなる。



なんか違う…
私が好きな嵐のダンスはこういうのじゃない…
もはや
嵐じゃない斗真くんに癒されるMVもあったりで…
発売されるたびMVに不満が溢れてたけど、
こうして年を追って見ていると
ああ…やはり嵐の方向性は変わって行ったんだなと
如実にわかる気がした。



そんなこんなで今度はDisc2観たら、
「まだ見ぬ世界へ」の
このバカッコよさ…
大野さんセンターで
何にもおもねらず踊る黒嵐…
これだよ
こういうのが観たいんだよ
これこそ是非公式配信して欲しい



でも
何度も何度も観てるこの
「まだ見ぬ世界へ」ですら
やはりこま切れになってて、
大野さんのダンスを堪能するには
ストレスがある…
嵐の中にいるって、
やはりそういうことなんだよな、私にとっては…。



あと「心の空」ね…
もう…大野さんが丸い。人相変わるほど丸い。
その丸さが
あの年のいろんなことを想起させる。
これはスキップ…。



彼に対する感情が
決定的に変わってしまうことが起こったり、
発売後にMステで踊ることでごまかしてるようで、
MVっていったい何なんだ、
何にお金を払わせてるんだと思ったりしてたけど…
それでも彼から離れられずに追いかけてるわけだから、
人生面白いよなあ…なんて思いながら
流し観ているMV達…
(真剣に観ると彼のダンスが
ちゃんと見られないストレスが溜まるので)



嵐のことが大好きで観てた頃の
自分の気持ちを思い出したりして、
アルバムを見返してるような感覚ですね…
そして
自分が純粋に望んでるものは
この中にはもうなくて、
欲望はその先に行ってしまったんだと思う。
彼だけを聴き、
彼だけを観る作品。
それがいいとか悪いとか、
あるべきとかありえんとか、
そんなことは知らん。
それが欲しいと心が求めてるんだから。



休止までのタイムリミットの中で
その欲望が満たされるかはわからない。
その至福の時は休止の先かもしれないし、
未来永劫来ないかもしれない。



でも
嵐は変わってしまったとか、
他メンばかり目立ってるとか、
今の嵐に目くじら立てても
仕方ない気がしてきた。
それが嵐なんだ。
そして彼自身が
そこにピリオドを打とうとしたんだ。
もはや彼が輝くことを求めても
叶わない場所になってしまったGに
ないものねだりしても病むばかり…



じゃあ私は
好きだったものを宝箱にしまうようにして、
あとは前の方見ておこうかな…
この先に何があるかわからないけど
彼自身が
「ビジュも体型もキープする」
って言ってるなら…
人生何があるかわかりませんからね…w



時間を経て
嵐は変わっていった。
彼ら自身の人生が
私達自身の人生が変わっていったように。
どんなことも同じではいられない。
当たり前にあったものが
消えていくことは誰しもに起こること…



今世の中には
予測できないことに見舞われて
立ち尽くしてる方がたくさんいる。
生活に直結する影響が自分になかったとしたら、
終わりのない不満や泣き言を繰り出すより、
過去は過去と割り切って
前を見る時なんじゃないか…
そんな気もしてるので…



今は、
ダンスに向き合う彼がいるMVを観て、
この先に、智担にとっての
まだ見ぬ世界があることを謙虚に待ちながら、
自分にできることをしようかな…
そんな気分の、
彼の入所記念日でございます…。






励みにさせていただいてます

テーマ:大野智 - ジャンル:アイドル・芸能

5×20 | コメント:2 |
<<384: 病みそうだ… | ホーム | 382: 智子の行方>>

コメント

敦子さん、入所記念日…私はイマイチピンと来なかったけど、彼や多くのファンにとっては大事な日なんですよね。正直、おめでとう!って素直に言える気分じゃないけど…でもそんな記念すべき日がなければ、彼を知ることはなかったんですもんね。違和感をおぼえながらもその場所にとどまってくれた…ジャニーさんと嵐メンがいてくれたから、そこに間違いはありませんね。
それでもいろんなものが変わって行って、休止を決めて…今どんな思いでいるんでしょうね…彼の生の声を聴く機会がなくて、想像するしかなくなってしまったファン…最後まで追いかけたい気持ちは強くなってる感じすらありますね。

敦子さん、買わなかったんですね。それもありです。5x10の時のような曲前の彼らのコメントみたいなのも一切ないし、全部すでに発売済みのMVですからね。私はブルーレイのキレイな映像で残しておきたいって思ったのと、あとは20年のご祝儀みたいなものです。5x20のCDも買ってないし。
年を追ってMVを観ていくと、本当に最近のMVがつまらなくなってるのがはっきりわかります。ビジュアルが大人っぽく素敵になって来てるのにつっ立ってるだけ…公式YouTube解禁に最近の曲を入れなかった、というのも一つの意味を物語ってますよね。
やっぱり「まだ見ぬ世界へ」ばっかり観てる、って友達に言ったら「キレキレだよね。もうこんなには踊れないね」と言われ「智は踊れますe-2」と即答しましたよw
彼らも変わって行ったんだろうし、私達だって同じではいられませんよね。レベルの高いものに気付いてしまったら、好きなものが何なのかわかってしまったら、もう過去には戻れません。求めるものがどんどんその先へ行くのは当然のことです。それでなければ進歩ってなんだ?ってことです。それが見えなくなったGへの執着が希薄になって行っても、誰にも責められることじゃないですよね。大野さん自身だって、ピリオドを打とうとしたGです。
私達が何を求めてるのか、彼だってわかってますよね…あと1年ちょっと…諦めきれないのが全智担の想いですよね…。
2019-10-19 Sat 08:16 | URL | 眞琴 [ 編集 ]
こんにちは!
智くんの入所記念日に寄せてと言っても、もう過ぎちゃいました笑

25年前にジャニーさんに見出だされなかったら、あの歌声やダンス、演技は世の中に出ることはなかった。
摩訶不思議な世界に足を踏み入れてしまって、そんな世界から何度となく辞めたい衝動になったでしょうね。
大人の事情を考慮しながらやってきて、来年の活動休止の決断。とても長い時間がかかってしまいました。

智くんはそんな人生を今、どう感じているのか、わかりません。
が、あの才能に出会えたことを私は嬉しく思っています

残された時間は少なくなっていますが最後まで見ていようとは思っています
……その後は

真琴さんはビデオグリップ買われたんですね。
私は、今回はパスしました。
ベスト版さえも封を切れなくていますから
シングル曲もつなぐまでは頑張って買いました笑

私的ですが、歌わない、踊らないじゃ、心に響かない
嵐が変わったのか、受け取る私の方が変わってしまったのか?
そんなことが何年か続くと自然の流れで心離れてしまいます、が………。

それでも智くんの歌とダンスは大好きなんで往生際が悪いと思いながらも、まだ、まだ、諦めきれなくていますよ
2019-10-18 Fri 12:52 | URL | 敦子 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |