FC2ブログ

智の内的宇宙ラボ

嵐・大野智の底知れぬ才能と、美しいパーツと、癒しキャラを愛でるブログですm(__)m

330: NHKに叱られる

こんにちは。



VSの予告でまっすーが一人で…
あの収録は一連の騒ぎの後だったんでしょうか…
いや、そんなはずないか…
でもこのタイミングでよく…
NEWS3人の話題はスルーなのか、
それとも嵐がツッコむのか…
笑いにできるほど軽い話じゃないハズだけど…
悪いことしてない人が
一人で謝るようなことになったら…
全く違うことで頭下げてたのかもだけど、
なんだか複雑な予告だったなあ…



ジャニタレの不祥事が続いて、
NHKが事務所に苦言、
なんてニュースがありましたね。
「タレント、アイドルである前に社会人」
ですよね~~~~~
生意気言ってもキャーキャー騒がれて、
やんちゃな遊び方してても
事務所が守ってくれて…
そりゃ危機感薄れるよ。
チコちゃんに、
ガツーンと叱って欲しいもんです
(最近チコちゃんがお気に入りなのでw)



本人達の問題も勿論だけど、
そういう風土を許してきた
事務所の責任はやはり大きい。
社会の風潮はどんどん変わってるのに、
あの事務所の常識は昭和で止まってる。
どっかの大学と同じ構造。
事務所もコンプラ講習をやっていく、
とか言ってるけど、
身内の中で講習してもね。
おそらくジャニーズ内部と一般は常識が違うから、
誰が講師かにもよるでしょうね。



NHKがあんなに怒ってるなら、
紅白の司会に
進行に慣れてない嵐メンバーを使うことは
もうないな、と
そこはホッとしてますけどね。
これもいろんなご意見あるでしょうが…。



個人的にはやはり、
紅白は司会でハラハラするような
番組じゃないはず、と思うので。
一年の終わり、リラックスして歌を楽しみたい。
大野智の才能は本来の
歌とダンスのエンターテイメントで見せて欲しい…



そうなるとまた、
じゃあ今年の本気は何なんだ問題に
戻ってきますけども…
それに関してはもう
考え疲れてしまったので、
今回は嵐会の感想をさらっと…。
触れたくない方はパス願います








嵐内部の関係性とか、
お互いの距離感とか、
ライブへの温度感とか、
そういうのが端々に見えて、
なかなか興味深い映像だったな…。
彼らが楽しそうなのは、
素直によかったね、美味しそうだね、
って、ほっこりでしたけどね。
その上で、
どーでもいいことが
いろいろ気になってくるのが性分…



いろいろ引っかかる発言があるわりに、
ライブのいろんな発見があって
リピしちゃってるので、
順不同になってるとこもありますが、
参ります。






まず位置どりの妙ですよね。
あ~…これが嵐なんだなあ…と、
座った時の位置関係や姿勢で、
しみじみ思う。



大野さんが真ん中にちんまり座って、
ニノがくっついてる。
相葉さんが動きやすくて、
でも出過ぎないとこにいて。
翔さんはまるでMCの立ち位置みたい。
松潤は翔さんとは一番遠くて…
(また夜会でツッコまれるよw)
まさに解説者、そして座り方が…。



あ~…座り方って、素のキャラとか、
組織内での立場とかが出るんだなあ…って、
この画を見てるとつくづく思う。
本人達は意識せずそうなってるんでしょうから、
余計に彼らの関係性や役割分担は
ずっとこういうバランスなんだろう…
って、思いますね…。








映像初めて観る、とか、
なんでこの曲選んだの?とか、
ここ、そういう意味なんだ…とか、
おいおい、嵐メン、
君達今それを言うのか…
っていう発言が随所にあってね。
そういうの聞いてると、
私達が今までライブや映像作品に対して
あれやこれや言ってた方向性そのものが
なんか違ってたのか…
っていう気になってきて。



ライブの何もかもを、
メンバー全員が把握してるわけじゃない、
ってこと、改めてわかったし、
そりゃ当然だよな、って冷静に思った。
それがいいか悪いかは別にして、
忙しい彼らは、
彼らなりに全力でライブに向き合ってるんだし、
ものすごい数の人が、
主張しあって、補い合って、
それぞれにこの作品に関わってる。
これが彼らのやり方なんですよね…。



音響や映像技術の高さは、
きっとジャニーズのライブでも
群を抜くもんなんでしょう。
他を見たことないからわかんないけど…
でも予算や規模が大きいだけに、
演者にとってもスタッフにとっても、
嵐のライブは壮大な実験場でもある。



ここから育っていくジュニアや
制作エンジニアも多いのでしょうから、
毎回毎回、
嵐だけ見せてくれーーー
って騒いでるファンと、
ベクトルが違ってくるのは当然のことなのか…
と、納得感と諦観が同時に襲ってくる…。



自分が嵐のライブに求めるものを
今までと同じ観点や熱量のままでいたら、
こりゃ交わることにはならないな…
って、静かに思えて来て、
寂しくはあるんだけど、
ちょっと楽にもなった…。
これが幸せなのかどうかは
微妙なことだけど、
自分の立ち位置を少し引いて
楽しめるものがあるなら、
楽しんだ方が人生いいよね…。







カップリングに名曲はいっぱいあるけど、
入れるのが難しい、
って話ありましたね。
アルバムの世界観があるし、とかね。
そうだろうけど…
そんな難しいか?
こっちからしたら、なんで今この曲?
ってのは毎回ある。
あまりにも世界観にこだわり過ぎずに、
ぽーんと新鮮なカップリング入れてくれた方が、
ずっとサプライズ感で盛り上がると思う。
実際、
カップリングは好評、って自覚してるんですもんね。



シングル曲のイントロがかかると
やっぱり湧くよね、
って言ってましたけど、
耳慣れた曲でわーっとなるのは、
人間の本能的なもんなので、
求められてるから湧くのとは意味が違う。
シングルはやはり湧くからやるべき、
って安直な答えに導かず、
名曲と思うカップリングを
素直に採用していってもらいたい



クドいけど、
full of loveのイントロなんてかかったら、
どんだけ湧くか…
って話です。
気づけー、演出家ー( ̄o ̄)







あー…
サクサク書くつもりが、
やっぱり長くなってきた…
続きは次回に持ち越します…








ランキングではいつも皆様に
お世話になっております
に感謝です

にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ



こちらは私が嬉しいやつです

スポンサーサイト

テーマ:大野智 - ジャンル:アイドル・芸能

BD・DVD | コメント:0 |
<<331: 祝福される法則 | ホーム | 329: マルチアングル詐欺だけど>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |