FC2ブログ

智の内的宇宙ラボ

嵐・大野智の底知れぬ才能と、美しいパーツと、癒しキャラを愛でるブログですm(__)m

315: 意思表示

またまたずいぶんと
ご無沙汰してしまいました…。



珍しく大野推しのMステのことやら、
無門的VSやら、
触れたい話題はあったのですが、
書くことに没頭できない毎日で
書きたい思いと時間軸が
どんどんずれていく毎日…
しかも書き始めると、
結局は愚痴になりそうで
ますます自己嫌悪になる気がしまして…。



でも、今更のさらですけど、
Mステはホントに嬉しかったですね。
大野さんをいっぱいいじってくれて、
いっぱい褒めてくれて。
のっち、中島くん、タモさんもありがとう



今までだって
大野さんを本気で推すアーティストって
いたと思うんだけど、
こんな風にコーナーの中で取り上げて
一人だけ前面に出てくることって
あんまりなかった気がしますよね。
今までは隠すみたいにスルーしてきたのに、
何なの、急に…
と疑心暗鬼になる屈折した心理…w
実力を認めてるプロもいるとしても
それを放送で流すかどうかには
そこに何からの忖度があるもんなんだろうな…
と逆に思ってしまいましたけどね。



これからもコンスタントに
彼の実力をアピールしてもらえる機会があれば、
いや、アピールなんてしち面倒なことじゃなくても、
どーんとソロ仕事を発表してくれたら、
こんな深読みも必要なくなる…
そういう年になって欲しいです。
心からの想いです…







Mステでの
肝心の嵐の新曲披露ですが、
ダンスも含めて、
やはり正直自分好みでは…
ま、これはそれぞれあるでしょうから。
好きな方もいるでしょうし、
そうでない人も…そういうことです。



シングル発売前から、
TVで観たり聴いたりしてて
今回はどうしようかな…
という感じでいましたが、
結局買いませんでした。
嵐だから、
という理由で買い続ける時期は
自分にとっては過ぎたのかな、
と思います。



嵐は好きだし、これからも追い続けると思う。
だから好きな曲なら買う。
心揺さぶられ、繰り返し聴きたいと思える曲は買う。
そうではないかもと思った時、
それでも買い支えていくことも、
逆にあえて買わないことも、
どちらも一つの意思表示。
答えはそれぞれのファンの中にあり、
自分はこういう選択をした、
ということですね…。



これはホントに、
人それぞれに感情の変遷や温度がありますから、
こういう選択がいい悪いの問題ではない、
と思ってますが、
他人様の目に触れる場所で
こんなことをあえて書くことに
違和感を憶える方は
こんな戯言はいちいち相手にしないで下さいね。
ま、彼らのすべてを受け止めて
まっすぐに応援してるような方のお立ち寄りは
こんな低空飛行のブログには
あまりないとは思いますけれども…














今回
買うかどうかを判断する手立ての一つとして
Amazonのレビューを読みましたが、
まあ混沌とはしてますよね、確かに。
高評価ばかりではないだろうとは思ってましたが…。
でも今回思うのは、
評価の内容云々というより、
レビューの勢いそのものが
以前と変わって来たな、ということ。



嵐や作品へ熱い想いを
わざわざレビュー欄に書かなくても、
ツイッターやブログやらで簡単に
発信できるようになったこともあるでしょう。
でも、
低評価のレビューが先走る作品て、
以前はもっと早い勢いで燃えてた気がします。



でも今回は本当に心折れかかったレビューが
鈍い出足で増えて来て、
そのうち、また相も変わらず、
作品ではなく低評価レビューをバッシングし始める
高評価レビューが台頭してくる構図…。
評価じゃなく、感情論なんですよね、また。
その言い方はなんだ、って感じの。
勿論すべてがそうとは言わないし、
どちらの側にもうなずける内容は
間違いなくあるんですけどね。



それに、綿々と作品を評価するレビュアー、
前はもっといたと思います。
そういう方達がすごく減ったように感じるのは、
大好きな人の作品に
たくさんの星をつけられないレビューを書くことに
いい加減疲れてきてしまったんじゃないか…
自分の感性を信じて熱く書いてきても、
長いこと改善を実感できずに
もう諦めに沈みかかっているんじゃないか…
そんな気がしてしまいました…。







あとね、昔の、昔と言っても数年前だけど、
自分がブックマークしてる嵐の曲を
よく聴くんです、最近。
そうすると聴くたびに
やっぱいい曲だなあ、これ…
って思うわけです。
当然自分が気に入ってるからこそ
ブックマークしてるわけですから。



ここにブックマークして
何度も聴きたい曲なのかどうなのか…
そんなこともよぎりつつ、
新曲CDを買うかどうかを考えたことも
大きかったですね…。



とにかく、
正解はない。
私は作品を一つ一つ
吟味してから決める部類の人になりそうです…。









日本アカデミー賞、
最優秀主演男優賞は
大野会会員の菅田将暉くん
「あゝ、荒野」観てないけど納得です
最優秀作品賞「三度目の殺人」、
これは観ました。
あの中ではやはり、
この作品が獲るんだろうな…って感じでした。
主役の福山さんがノミネートされてないのが、
なんだかモヤモヤしましたけどね。
でも役所さんは本当にもの凄い存在感で、
こちらも全く納得でした



忍びはあんなに稼いだのに、
全く現れないのは仕方ないのか…
文芸的作品に重きを置かれる賞なんでしょうし…
そういう傾向の賞を
「シン・ゴジラ」が去年総なめにした、ってことは
改めてすごいことだったと思います。
ただの怪獣エンタメ映画では
なかったですもんね、やはり。



今年になって数本映画を観ましたが、
先日観た「祈りの幕が下りる時」…
来年何か受賞して欲しい作品でした…。
切なすぎました…








こないだのしやがれ…
千鳥と、MJ…
すまないが、
流しながら他のことしてました…。
たっぷりだったね、何だか…。



嵐ツボで
歴代マネが大野さんのソロを選んでくれて、
大野さんのダンス映像が流れたら
「長尺だねえ~」って言われてたけど…
同じこと言いたかったよ…。







最近大野さんが釣り筋を鍛えてる話を
前のしやがれでしてて、
仕事じゃなく釣りかあ…
なんて思ったりもしましたが…。
でも私は勝手に
「コロッサスの鉤爪」に数行現れる
榎本径の釣りの描写を思い出し、
そのための筋トレかもしれない
と、珍しくポジティブに捉えております



そんなことでも考えて楽しみ作ったり、
以前の好きな曲を聴いて歌声に浸ったり、
忍びのBD観たり…
新しい仕事の気配もない今は
そんな感じの
自給自足生活です…








ランキングではいつも皆様に
お世話になっております
に感謝です

にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ



こちらは私が嬉しいやつです

テーマ:大野智 - ジャンル:アイドル・芸能

SINGLE | コメント:10 |
<<316: 潮目が変わる時 | ホーム | 314: あのツーショットについて>>

コメント

さと梅さん、遅くなりました<(_ _)>
確かにアルバムでも一悶着でしたから、映像ソフト出たらどんなことになるか…(-_-;)
大野さんの歌声を純粋に楽しんでみたい、と思うこと自体は何ら罪じゃないはずですよね、あれだけの才能です。アイドルグループの中の一人だとしても、嵐以外のグループでだってソロやってる人はいますからね。いくら本人が乗り気じゃないとしても、なんで大野さんに対してだけソロを望むと非難されるのか…。
公の場で他メンを叩くのは論外ですが、冷静にに評価してるのか、感情的にダメ出ししてるのか、そのへんの書き方なんですよね…共感できる部分があるとしても、評価じゃなく悪口ととられるような表現ではやはり逆に印象を下げてしまうんですよね…。

さと梅さんは10年以上嵐を聴いてきたのに、今はそういう岐路なんですね…。
私はそんなにキャリアはないですが、やはりなぜか以前の曲への思い入れが大きいです。その頃の曲の方がいい曲だった、ということも一因かもしれませんが、それは主観的なものなので…。あるいは屈託なく嵐が好きで、曲に没頭していた自分の記憶も含めて「いい曲だった」と思ってるのかもしれません。
曲を受け取る側の私達も、昔と変わって来たんですよね…。
もっと早くソロを聴けていたら、歌割を含めた嵐の音楽性が納得感のあるものだったら、私達の気持ちの有り様もまた違ってましたよね。
今年の本気が船舶免許だけじゃないことを信じて、細々と待ちましょう。
船に乗って海に出たら、また仕事へのモチベーションも上がってくれるかもしれませんしね。
いろいろ複雑ではあるけど、楽し気に海に出る彼の笑顔には、きっと気持ちを解かされてしまいそうですしねe-415

2018-03-15 Thu 23:54 | URL | 眞琴 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-03-12 Mon 22:19 | | [ 編集 ]
えこさん、こんばんは。
こちらこそいつも声かけてもらって有難いです。自分の気持ちを整理するために書いてるようなものなんですが、やっぱり誰かに共感してもらえると嬉しいので…それだけでもすごく救われた気持ちになるものですよね。

船舶免許…ですよね~…いや、こんなに微妙な気分になってるのは私が屈折してるからなのかとも思ってましたが、やっぱり失望に近い気持ちになってる人も多いんですよね、きっと。だって彼が本気を出す大きな仕事は、表現の分野かと思ってましたから…。
彼がやりたかったことだとはわかってるし、趣味と実益を兼ねた仕事でよかったね、とは思ってるけど、本気の行方がこの船舶だけだとは思いたくないですよね…。
船は結構すると思いますよ。だからって番組内でそんなレベルの船を買うようなことはないとは思いますけど。
確かに、加藤諒くんと一緒なら見てて楽しそうですね。MJでもムロさんが常連化してるんだから、大野さんも気の合う人とやって欲しい。
絵もそうでしたが、大野さんはやはり仕事以外の世界がないと気持ちのバランスが取りにくいんだろうな…って気がします。絵を描く気が2年起きない、って言ってましたからまだ描くことで発散できるほどにはなってないんでしょう。私達もそうですよね…。
ぶっちゃけ言えば、船にも釣りにもまだトラウマがある…でも仕事と隔絶した時間があってこそ、彼は嵐でいられるんだろう…と思うので、やはり彼のプライベートは大切にしてもらいたいですよね…。なんかとにかく微妙ですけど…。

思えばコンタクトにしたのも、免許のためだったんでしょうね。伏線はあったわけです。
だからえこさんの言う通り、彼の歌やダンスが注目されてきてることも、ソロへの伏線と思いたいですよね…待ちくたびれた上に、本気の方向性が想定外で…どんだけ振り回されるんでしょうか、私達…w
2018-03-12 Mon 00:33 | URL | 眞琴 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-03-11 Sun 17:29 | | [ 編集 ]
えこさん、いつも遅くてすみません(^^;

あのしやがれは寝ても仕方ないですw
私も結構千鳥のことは知ってることばかり、後半は…とにかくただつけてるだけの番組でした…。
そしてついに次回は大野さんの新企画、船舶免許!いや~…嬉しい反面、まさかこれが本気ですか…v-12って、ちょっと…いやかなり複雑…w
確かにこれも大きな仕事でしょうけど、待ってたのはそっち方面じゃなかった…いや、嬉しいんだけどね…って、どう反応していいのか…っていうニュースでした…。
大野さんの生き生きした表情がたくさん見られると思うので、そこはやっぱり楽しみですけどね。
船舶免許が、大野さんのお仕事の幅を一気に増やすことになるかもしれないし、ポジティブには捉えたい。
そして今年是非、海の榎本さんになって欲しいです!

新曲は置いといて、カップリングは聴いてみたいです。借りてこようかな。
Amazonのレビューには星を多くつける人が増えて来て、見た目的には高評価に近づいてきてますが、なんかこう、智担がもういいよ…って諦めた感が漂ってます。大野さんの歌声を待つ人のレビューには熱というか深みがあるんですが、高い評価をつける人のレビューは実にあっさりしてるんです。他のレビューを非難してないで、いいと思うならもうちょっとよさを語れないの?って思っちゃう。こういうのでいいなら、好きだった嵐の音楽は変わってしまうんだね…っていう気持ちになってる気がしますね、熱いレビュアー達は。

船舶企画は有難いe-211
でもファンが待ってる仕事のことも思い出してね…って気持ちですe-459

2018-03-11 Sun 16:21 | URL | 眞琴 [ 編集 ]
ぽこさん、ますます遅いレス、ホント恐縮です(^^;
ご心配かけてすみません。いろいろとやっつけていかないといけないことが続いて…なかなかまとまった時間が取れてないんですが、生きてはいますwもう少しこんな感じになりそうですが、よろしくお願いしまーす<(_ _)>

しやがれの大野さんの新企画がついに発表になりましたね。船舶免許とは…e-451
正直、嬉しいは嬉しいけど、本気ってこれ…?歌とかダンスとか映画とかじゃないの…?って微妙な気持ちです…e-263
まあまだ隠れた計画は進行してるかもしれないし、お仕事がらみでもないと船舶免許を取るような余裕はなかなかないでしょうから、趣味と実益を兼ねた有難い企画、とは思うんですが…。
でもオトコ飯よりはよっぽど華やかな企画、大野さんの生き生きした表情もたくさん見られるだろうし、これから楽しみにしたいですね。

アメトーク!よく観るので、千鳥のことあらためてあんなに紹介してくれなくても、知ってることばっかでした、私にはw
そのあと丸ごとJだとは…私達にはなんだかな…でしたけど、これで楽しんでた人もいたんでしょうし、嵐の番組である限りもう平等とか無理なんだな、逆に…なんて諦めが大きいです。
マジで、ソロの冠番組とかやって欲しい。短くても、深夜でもいいから。
船舶免許の企画始まりますけど、どのくらい尺使ってくれるのかしら…って疑心暗鬼なひねくれ者ですw

嵐の中で大野さんの歌やダンスが際立ってる、ってこと、最近はTVでもよく宣伝してくれてる気がしますね。
他メンがそれぞれの分野で個人の仕事率が上がってますから、歌やダンスの方面で立ち位置を確立できる人、ってイメージをMステでも推してほしいですよね…。
CD、やっぱり買いませんでしたか…w
ぽこさんのMステ編集、いいですね~!まだ見ぬ世界のPVは大好きです、ホントにカッコいいe-415
私も爽やか系よりクール系です、好みは。そうなんですよ、タイアップやドラタイって、挑戦的な曲になりにくいですもんね。キラキラしたアイドル曲が好きで嵐の音楽に入ってきたわけじゃないので、個人的になかなかツボる曲が…。
ぽこさんの言う通り、曲の問題だけじゃなく、歌割もこういう気持ちにさせる理由の一つですよね。均等な歌割や爽やかな影のない曲が好きで嵐に新たなファンがついてきてるのかもしれません。でもその反面、メインボーカルがクオリティを上げてた曲に思い入れのあるファンはだんだん引いていきますね…。いくら言っても想いは叶わないし…。
今年の本気が、船舶だけじゃなく、ファンの期待にも応えてくれるものであることを信じたいですe-267

反応のろくて申し訳ないですけど、いつでもここで言いたいことを言って下さいね~。
スッキリしてまた応援できるんだから、意味ある愚痴ですよv-220
またお待ちしてま~す(^^)/

2018-03-11 Sun 16:01 | URL | 眞琴 [ 編集 ]
さと梅さん、
祈りの幕、原作も読んでたんですね。確かに時間が前後しますから映像にするとリスクがありますけど、すごくよく出来てたと思いますよね。
原作の印象として加賀恭一郎は私にとって阿部寛じゃなかったので、ドラマ化された時ややコミカルになってて、う~ん…と思いましたけど、今回の映画で締めくくられてみるとやはりすごくいい作品だったと思います。エンドロールで流れた映像にドラマ時代のエッセンスを入れて来てくれたのには、ファンサービス素晴らしいe-420って思いました。
大野さんのお芝居…そうですよね、私は榎本さんをずっと待ってるんですが、やはりさと梅さんと同様、一番には歌を望みます。お芝居は実績が少ないけど、歌とダンスで他の追随は許さない。ぶっちぎりの立ち位置を確立できるはず。本人がそれを望んでないんだろうってことは重々わかってますが、もはやそんな悠長なことを言ってたら、智坦の他メンのソロ仕事へのジェラシーはますます大きくなるか、もう愚痴をこぼすことにすら疲れて離れてしまうか…。
正直、ブログを頻繁に書き続けようと思ったら、今なんて愚痴しか出てこないですね、たぶん。他のブロガーさんはわかりませんが、そこまでして書くなら今は静かにして、新しいニュースがあれば書こう…みたいな意識はあるかもですね。

Amazonのレビューはそれを参考にして買う、と言うか…そのレビューの場の空気を読んでる、って感じなんです、レビューそのものを参考にしてるよいうより。アンリーやら、アンチやら、5人で嵐派やら、他で買ってレビューだけする派やら、毎回いろいろいます。いろんな人が言いたいように言ってる中にも場の流れみたいなものがあって、ある方向性にどーっと流れてみたり、またそれに反発して別の意見が大勢を占めてきたりとか、ちょっと株式相場みたいな面もあるんです。熱心な人はやはり早い段階で長いレビューを書いてきます。でも以前より全体的な熱量や数は明らかに落ちました。やはり嵐だからと言うだけじゃなく純粋に音楽的な魅力があったと思うんですよね、以前の作品は。人気に拍車がかかって多発し続けると、クオリティを維持したり、音楽的な挑戦をすることが難しくなってくる…。
私も最近はあまり予約しなくなったので、実店舗で普通に買ってます。ホント、普通に買えますよね。ネットで買うしかない環境の人もたくさんいますから、やはり通販サイトは有難いツールですけどね。
Mステ詐欺ねw曲の好き好きはそれぞれだけど、私達にとっては肩透かしでしたよね。
他メンの仕事量と差があるのが、事務所の意向なのか本人の意思なのかわからないけど、もう差があってもいいから、本当に待ってる歌とダンスで一発喜ばせて欲しいのに、ですよね。もしソロコンのチケットなんて売出されたら、嵐のライブより高額転売されると思いますけどね。智担は結構予算持ってる人いそうだから…w

毎度遅いレスポンスですけど、読んでいただいてありがとうございます~<(_ _)>
今日はVS、知念くんがまた大野さんへの愛を叫んでくれたらちょっと救われますねv-353
2018-03-08 Thu 16:05 | URL | 眞琴 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-03-08 Thu 07:37 | | [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-03-06 Tue 19:45 | | [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-03-05 Mon 15:52 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |