FC2ブログ

智の内的宇宙ラボ

嵐・大野智の底知れぬ才能と、美しいパーツと、癒しキャラを愛でるブログですm(__)m

288: ソロアルの伏線であれ…( ̄人 ̄)

来ましたね、今年のアルバム…








毎度のことですが、
転売価格にはご注意を…
定価になるタイミングがあるはずですので。





それにしても、
今回はザワつくラインナップ…
通常盤にユニット曲4曲…
ほえ~…
どういう組み合わせなのか…
若干の複雑さはあるけど、
いろんなことを試そうとしてる感じは
嬉しいことですよね



でも嵐ファンは
コンビ担もかなり派閥化(?)してるので、
どのユニット曲が実現するかで
これまた一波乱ありそう…
穏やかな私ではありますけど←オイ
せっかくの新鮮な企画で、
もしお山の曲が聴けなかったら…
暴れるよ、ホントに…



そして、さらなるざわざわ…
今回、ソロないの…
収録内容にいつもなら
ソロ曲含む、とか書いてあるけど、
今回確かにそれが見当たらない…
ソロ曲ない、って明言されてるわけじゃないけど、
ユニット曲、なんていう珍しいもんが投入され、
ソロの記載がないとなると、
まさかのまさか…ソロないのか
…って、思っちゃうよね、そりゃあ…。



今年は無門フィーバーで
サトシックは有難いほど
楽しませてもらったわけですけど、
年に一度の、たった1曲のソロ…
まるで七夕の逢瀬のように、
その1曲との出逢いを
1年待ち焦がれていた私達に
もし今年その瞬間が訪れないんだとしたら…



炎上だーーーーー
大炎上だーーーーー



…と思いません…
ま、不確かな情報で
今あんまり騒いじゃいけなんですけどね…。



でも、
もし大野智のソロアルバムの実現が
水面下で進行してるんだとしたら、
嵐のアルバムで
こういう冒険があったとしても納得できる…
つか、
それくらいのイベントなしに
年に一度のソロ曲をカットするとしたら、
サトシックには拷問みたいなもんだよ…



いや…
不確かな情報に
振り回されてはイカンと思いつつ、
これがソロアルの予兆というか、
伏線だったらなあ…なんて、
思わず希望的観測を
膨らませてしまうのでありました…






VS…
踊りながら
花火をチラ見する横顔…
この何気なく踊る動きに
どきーっとしますよねえ…。


fw.jpg


今の髪型、
ちょうどMonsterのPVみたいな感じですね。
明るくて長め…
あ~…なんかライブDVD観たくなりますね…
最近サトシゴト追っかけるのが
忙しかったから…。
やっぱ不意に見る、
踊る彼は苦しいくらい素敵…




女性の胸の谷間に
思わず視線が行ってしまう男性を、
黒智のデコルテにときめいてる私達が
どうして責めることができましょう…


goal.jpg


あの胸の中にGOALしたいと
思わないサトシックは、
果たしていらっしゃるのでしょうか…。







ランキングではいつも皆様に
お世話になっております
に感謝です

にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ



こちらは私が嬉しいやつです

スポンサーサイト

テーマ:大野智 - ジャンル:アイドル・芸能

Album | コメント:4 |
<<289: 愛が攻撃的になる前に | ホーム | 287: 再放送来た♪屋久島超巨大杉 with 忍びサントラ>>

コメント

いちごさん、はじめまして、ですよね?
コメントありがとうございます。

ユニットの組合せ、個人的な希望が実現しなかったのは残念ですが、それぞれの組合せを喜んでる方もいるわけですから、これはしょうがないですね。私も期待したいと思ってます。

> あと、ソロは本当にないんですかね?
> 確かにソロ表記がなかったけど、まだわからないのでは?

そうですね、今までのようなソロ表記がない、という事実しかなく、結局は憶測の域を出ませんね。


> 私は演技押しなので、ソロアルバムとか強く希望してるわけではないんですよね。
> 嵐のアルバムにソロがあればされで満足な智担です。

いろんなファンがいますよね。
そうとしか申し上げられずスミマセン。


> だって、本人はソロアルバムとかやることにそこまでモチベーションがないんですもん。
> ファンが求めるからと言って、作品作りならまだしも、歌とダンスは一人で本格的にやるのは恥ずかしいからやらないとみてます。

それこそ憶測でしかないのでは…?


> でも、大野くんを過剰に才能があると持ち上げ、他と比べたり悪口言ったりしてる人を見ると、大野くんも辛いだろうなぁと心配してしまいます。

他メンや他坦さんをディスるのは本当に馬鹿げてますよね。同感です。
彼らもこの反応を知ってるはずと思いますので、大野さんだけでなく、他のメンバーもツラい思いをしてるかもしれませんね。


> ファンの異常な行動で悲しい思いをさせたくないし、その事でいなくなってしまわないよう願うばかりです。

いなくなってしまう、というのは大野さんが?
ファンが異常に荒れることで、この仕事が嫌になって辞めてしまうかも…ということでしょうか?
確かにこういう仕事に執着の薄い大野さんかもしれませんが、ファンを置き去りにして消えてしまうなんてことはない、と私は信じてます。
ファンの異常な行動なんて今に始まったことじゃないし、バッシングされてたあの頃ですら、泣きながらファンに感謝してたのに、今こんなことで仕事を放り出したりなんかしないと思ってますけれどもね。まあ、それだって憶測でしょうと言われたらそれまでなんですが(^_^;

とにかく今回は、彼の才能を愛するがゆえに、みんな気持ちのやり心がないんでしょうね…。私だってご同様です。
作品への希望を叫ぶことはありでも、ファン同士で叩き合うなんて本当に異常ですよね。そういうことも彼らの目に触れるんだってこと、心に留めておかないとですよね。

2017-09-23 Sat 14:47 | URL | 眞琴 [ 編集 ]
ユニット発表されましたね。
私的にはコンビがないのは少しだけ寂しかったりもしましたが、大野くんはメンバー全員と組んでるし、なんだか楽しそうに思えてきたので、期待してます。


あと、ソロは本当にないんですかね?
確かにソロ表記がなかったけど、まだわからないのでは?

私は演技押しなので、ソロアルバムとか強く希望してるわけではないんですよね。
嵐のアルバムにソロがあればされで満足な智担です。

だって、本人はソロアルバムとかやることにそこまでモチベーションがないんですもん。
ファンが求めるからと言って、作品作りならまだしも、歌とダンスは一人で本格的にやるのは恥ずかしいからやらないとみてます。

才能があるだけに、求めてしまうんですけどね。

でも、大野くんを過剰に才能があると持ち上げ、他と比べたり悪口言ったりしてる人を見ると、大野くんも辛いだろうなぁと心配してしまいます。

ファンの異常な行動で悲しい思いをさせたくないし、その事でいなくなってしまわないよう願うばかりです。
2017-09-22 Fri 23:37 | URL | いちご [ 編集 ]
月のうさぎさん、こんにちは。
アンリー???そんな言葉があるんですね…初めて知りました(^^;
そして、もしかして私もそこにカテゴライズされるような発信してると思われてんのか…?って想像すると、なんか驚くような、ちょっと笑えるような…でもほんと、他人の評価なんてどうでもいいですね。
そういうワードを作り出すこと自体、きっと嵐は望んでないだろうし、他担を誹謗中傷することは一部の人の自己満足や暴走だと思うけど、それだけファンにはいろんな人がいるってことだと思いますね。認めるわけじゃないけど、それがこの世界の成り立ち。やっぱ現実にもネット社会にも、いろんな人がいます…。
嵐に限らず、他のグループも各メンバーの活動の仕方はいろいろで試行錯誤してるんだろうし、ファンが望まないような状態になってしまうグループもある。アイドルグループがどうあるべきかなんて正解はないんだから、そのファンのありようだっていろいろあって当然、アンチだのアンリーだのと決めつけるのはナンセンスですよね。大野担の中ですら、そんなふうに思いの方向が違うわけですから。
ホント、ただその一人の才能の結晶を観て、聴いてみたいと望んでいるだけ…その歳によっての輝きはあるだろうけど、歌も踊りも肉体表現、年齢は決して無関係ではありませんもんね。

紅白の司会…マジで勘弁してくれ…って感じですけど、結局決めるのは本人でしょうからね…相葉さんはNOと言わない唯一の嵐、ってスタッフにも思われてるし、本人も断ったら後悔するから受けた、って言ってましたね。でも大野さんは嫌なものは嫌、って言いそうですから…。
紅白の司会者選びは、去年もそうだけどギリギリまでわかりませんね。今から不安を前倒しにして心配してても疲れるだけだなと思って、あまり考えないようにしてますw

日立のお山…最高ですねe-415e-415e-415
ああいうのを見ると、やっぱこの人達から離れられないわ…e-266って、つくづく思います。
たぶん、大野さんはニノには自分からああいうことはしませんね。ニノには何されてもされるがまま、という大きな愛があり、翔さんにはまた違う種類の愛がある…あのシーンをわざわざWSで流してもらえて感謝ですe-420山担にはCM本編より価値がありますねv-352
2017-09-12 Tue 10:46 | URL | 眞琴 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-09-11 Mon 22:12 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |