智の内的宇宙ラボ

嵐・大野智の底知れぬ才能と、美しいパーツと、癒しキャラを愛でるブログですm(__)m

280: 本音もアリの初見感想

こんにちは。



「忍びの国」の集客は
ロケットスタートだとか…
よかったです…
まずはほんとによかった



今までも大事な時期になると、
悪意に満ちたニュースが
降って湧いたように流れてきたりしてたので、
公開前に変なこと書かれませんように…
なんて思ってたけど、
そんな心配は杞憂に終わり、
(まあ探せばあるだろうけど)
作品に関しても
どこもすごく好意的に書いてくれてますね。
ホント、これ以上ないくらい、
素晴らしい出だしを切ったと思います



上映後、
2日目のライブビューに登場した大野さんと知念くん。
無門のビジュがまだ脳内にあったので、
リアル大野智がスクリーンに現れたら
単純に、
うわ、やっぱカッコいい
って思わずにはいられなかった…



LVの様子は
いろんな方が書いてくださってると思うので、
ここで詳しくは書きませんが、
なんつっても
知念くんが言ってくれた大野智のツボ、
TOP SECRETのダンスと、
AAAのプールから上がった時の顔、
っていうのが嬉しかった
あの濡れ顔は、本当に可愛かったよね、知念くん。
眉が八の字になっててね
そしてトプシを催促されてたけど、
今踊ったらイヤラしさしかないらしい…w



あと、舞台挨拶に行く地方の映画館を
最終的に決める前、
候補の中のどこに行ってみたいか聞かれて、
夏の札幌に言って美味しいもの食べたい、
って言ってたら、
ホントに自らが選んだボールが札幌だったという…
そんな奇跡ある
すごい引きの強さ…
常人じゃないわ、やっぱり…
北海道の皆さん、おめでとうございます



まだ1回しか観てないので、
これから何回も観たら
また感想が変わってくるのかも…
とも思いますが、
初見で感じたことを
ちょっと書いておこうと思います。



ネタバレになると思いますので、
内容に触れたくない方は
ここまでにしていただければと思います


























この映画を、
ファンとして観るか、
観客として観るか…
というボーダーが、
どうしても自分の中にあったんですが…
原作も読み、
あれだけ何度も何度も予告や番宣観て、
見どころのセリフも
そらんじられるような状態で映画を観たら、
もはや一観客としてまっさらな状態で
評価することは難しいですよね…。



でも、
ファンとして追いかけてきて、
こうして完成したものを
ついに観ることができたんだから、
開き直って
自分なりに楽しめばいいんですよね。
幸い世間の評価は上々。
私がちょっとくらいリクエストかましてもね…。
映画の受け止め方はそれぞれ。
あくまでも私の個人的な印象ですので、
この人違う、と思ったら
無視してスルーしていただければと思います。












あのアクションを、
ほぼ自分でこなしたというのは
本当にスゴイ…
もっと見ていたかった…
でも私達の中には、
彼ならできるはず、
っていう思いがずっとあったわけで、
それで驚くというより、
やっと証明してくれたかっていう感じじゃないです?



岡田くんもキムタクも、
スタント使わずアクションをこなしてしまってることで、
期待値のハードルが上がってるはずなんだけど、
監督が見てもスタントなのか本人なのか、
わかんないくらいの身のこなしだったということ、
ホント各方面の関係者の方に認知していただきたい
大野智は動けるんです



LVで知念くんが、
今回は敵同士だったから、
次回は仲間としてアクションができるような作品で
共演したい、って言ってましたが、
ホントに見てみたいと思う。
トップアイドルのアクションって
スケジュールもそうだし、
なんかあったらどうすんの?っていう
周りの気遣いも半端じゃないだろうから、
なかなか実現は難しいかもしれないけど…
二人の身体能力を
包み隠さず披露してもらえるような作品、
どっかの監督、企画してくれませんか~





お国が石原さとみであることに
かなり抵抗のあった私ですが、
諦めや時間の経過とともに
なんかそこまで拒否る気力もなくなってきました…w
あと、
シン・ゴジラでの彼女がなんかぶっ飛んでたのが
逆に面白いと思えたことも大きかったかな。
番宣での彼女もサバサバしてて、
大野さんの特徴を結構捉えてるな、って思えました。
重ね重ね、山Pありがとう…



お国は怖いほどクールで、
無門に媚びるようなキャラではなかったから、
わりと冷静に二人を見ていられた気がします。
彼女をさらう夜…
やはり映画では何もなかったですね…
あの無門のキャラで、
濡れごとはイメージじゃないんでしょう、
監督にとっても。
映画化が決まって
原作にそういうシーンがあるとわかった時は、
ネットは大騒ぎでしたけどね…
炎上なんて、根拠の薄いネタで盛り上がりたいだけの
祭りみたいなもんですね…。



「ただいま~」って
ルンルンで帰ってくる無門が
可愛くて可愛くて…
あれ、妄想に使えますね
情けないほどお国に首ったけな振る舞いが、
見てる女性の母性本能をくすぐるし、
きっと男性から見ても
情けなさに共感できるとこがありそうで、
老若男女に愛されるキャラは
まさに大野さんそのもの…。



お国との最後のシーン…
あれは泣かせる要素満載で…
大野智の渾身の演技には
人の心を動かすものがあるってこと…
改めて思い知らされます…。








うーん…と思っちゃったのは、
やはり全体的にコミカルが過ぎるな…と。
怪物くんテイスト継承し過ぎに感じてしまった。
無門の佇まいだけでも
あれこれ演出しなくても飄々とした空気感はあったので、
さらにあえてコミカルにしなくても
おかしみは充分あるのにな…って。
まあこれは好みの問題。
それが楽しかった方も多かったでしょうし。




あと音楽…
あ、「つなぐ」じゃなくて、
劇中のBGMですけど、
これもちょっと面白過ぎて…
も少しカッコいい曲にしてほしかったけど…
ん~…回を重ねて観たら、
また印象変わるのかな…?



「つなぐ」は
あの映画にドハマってましたね
最後に流れるのが
大野智のソロであって欲しかったと思ってたけど、
あの曲とダンスは「Monster」のレベルで
これからの嵐の代表曲になりえる気がします。





どうしても言いたいのが、
あれだけアピールしてた
亮平くんとの川のシーンが
あまりに短過ぎると感じたこと…。
いや、見ていられないからあれで充分、
と思う方もいらっしゃるでしょうが…
私はもっと観ていたかった
あらかじめ、かなりカットされてる、
という情報は入ってたにせよ、
もったいないよ~~~
観足りなかったよ~~~



他にもかなり
カットされたシーンはあったようですね。
どの映画でもある程度の編集は避けられないけど…
それなら映像ソフト出す時、
是非完全版として本編でカットされたシーンも入れた
ディレクターズカットをお願いします



…と強く感じた初見でありました…。



札幌の舞台挨拶もLVやってくれるのかな~
仕事のない日だといいな~…
とりあえず、
また映画は何度も観られるから
有難いですよね
評判が広がることで、
上映期間や回数が変わってくるでしょうから、
私達も映画館へ足運んで、
私達なりの方法で、
大野智のポテンシャルを世に知らしめましょう






ランキングではいつも皆様に
お世話になっております
に感謝です

にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ



こちらは私が嬉しいやつです

スポンサーサイト

テーマ:大野智 - ジャンル:アイドル・芸能

忍びの国 | コメント:8 |
<<281: 札幌のライブビューイングないの? | ホーム | 279: Sっ気は本能的な萌えだ。>>

コメント

眞琴さんお久しぶりです!実は私も公開までずっと、無事に初日が迎えられますようにと、そればかり考えていました。

1日の朝ついに上映が始まると、すぐに涙が込み上げてきて自分でもビックリでしたが、贔屓目なしで冷静に作品を観なければ、本当の感動は得られないと言い聞かせながら観ていました。

なのに1回目は大野くんの動きや表情にばかり目が行ってしまって、「こんなに頑張ってくれていたんだ…」とストーリーと関係ないところで泣いていました。

2回目は少し冷静になって作品に集中したので、新たな感動でやっぱり号泣。無門の悲しい人生やお国との別れ、希望が持てるラストシーンを思い出すと今でも泣けてきます。

あれから間もなく2年、私にとって一番大切だったラジオが終了して3ヶ月が過ぎますが、虚しさや喪失感は少しずつ無門さまに埋めてもらえているようです。

出来ることなら大野くんに「素晴らしい作品を観せてくれて本当にありがとう」とメールを送りたいのですが…。
2017-07-04 Tue 23:54 | URL | 順嵐 [ 編集 ]
順嵐さん、こんばんはv-354
コメありがとうございます。
もう2回観たんですね~。もしかして今は3回になってたりして…?映画ってライブと違って、何度も観られていいですよね。
わけのわかんない報道とか、ホントなくてよかったです。大野さんは、最近プライベートは一人でいる、といろんなとこで言ってましたが、無門の感情に近づくためもあったかもしれませんが、たとえ友達とだとしても誤解を受けるような写真を撮られないようにしてるのかな…なんて勝手な推測してました。
あれからお互い、いろんな感情が生まれては消え…を繰り返してきましたねえ…。それでもこうして彼の映画を観ることができる時を迎えて、人生何が起こるかわからないし、捨てたもんじゃないなと思います。

順嵐さんはそんなにも涙ながらに観てきたんですね~!無門様が順嵐さんをそんなにも癒してくれて…なんだか私まで感無量ですよ(TT) 彼は私達の想いに応えてくれたんでしょうね…。
ラジオがなくなったことで、確かに直接彼に伝えるすべがなくなってしまいましたね。でもだからこそできることって、できる範囲で映画館へ足を運ぶことなんだろうな、と思ってます。
友達に、一度観てるけどまた観に行く、と言ったらとても驚かれて「ファンてほんとに有難いね~」と言われましたよ。確かに、ただ面白いから、というだけじゃなく、ファンとして応援するために、かつ、ひたすら主演を観たいがために映画に行く、っていうのは私も人生で初めて。何度も観たいだけならブルーレイ買うまででしたから、今まで。
ファンである自分達の行動が、映画の評価と彼の人気に直結するわけですもんね。きっと伝わりますよ、彼にも。

出来るだけ観に行くつもりではいますが、私はすでに早くブルーレイが欲しい!メイキングもきっと充実してそうe-415
これをすぐさま予約することも、きっと大野さんの評価を上げることになるはず。こちらも楽しみですよねe-343
2017-07-07 Fri 00:11 | URL | 眞琴 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-07-07 Fri 23:55 | | [ 編集 ]
えこさん、こんばんはe-490珍しく早いレスでしょw
七夕の夜ですねe-267私は今朝まで忘れてました…(^^;

えこさんはLV2回とも見たんですね。そっか~2日目の方がカッコよくて楽しかったんだe-343よかった~!
大阪の雰囲気もあったかもしれないですね。東京は大人しいけど、大阪はグイグイ来る、みたいなこと言ってましたよね。MCの方も関西弁で、なんかリラックスした雰囲気でしたよね。
知念くんは優秀なプロモーターですよ。本当にツボを押さえたアピールをしてきます。AAAのプール、久々に見たくなってきましたe-266
二人でアクション…ぜひやって欲しいなあ…泥棒か探偵のチームで…あれ、なんか榎本的だなw

上毛新聞でそんなこと言ってたんですね。上毛といえば翔さんのお膝元。しかしなんでそんなポジティブ発言、今までの雑誌じゃなくてローカルの上毛新聞???て思うけどw
雑誌のインタビューはかなり早い時期にやってしまってるでしょうから、新聞記事での発言は最近のものなんでしょうね。ということは、この間に何か変化があったのか…?なんて思いたくなりますね!
いよいよゲッターズの予言が真実味を帯びてきました…e-420

石原さとみ、もう拒否反応ほとんどなくなっちゃいましたwやっぱ山Pが大きいと思うし、今回の番宣でも思ったよりサバサバしてましたよね。私達の意識が変わったこともあると思うけど、彼女自身もちょっと変わったと思うんです。やっぱ30にもなって、余分なものがなくなって落ち着いたように思うんですよね。それも山Pのなせる業なのかもしれないし…。
だから番宣も楽しく見られましたよね。あの頃のストレスは何だったのか…こだわることがばかばかしくなってきますね…。
いい意味で裏切られたわけですから、とにかくよかったですe-402

亮平くんとの川は…ああいう長さになるのはやはり監督の感覚一つなんですよね…。
例えば「無限の住人」の三池監督や、「CRISIS」の金城一紀とかなら、もういいよ、ってくらいにバトルシーンを入れてきます。アクションをするためにストーリーを利用してるような感じなんですよね、彼らは。
中村監督はそうじゃない。それでも3日かけて撮ったもの、あれだけで封印してしまうのはもったいなさ過ぎる。是非映像に残してほしいです。
私はいまだに1回しか観てなくて、なかなか2回目に行けてないんですが、近い何とか行くつもりです。ホント、長くやって欲しいですよね。今年の邦画の記録を打ち立てて欲しいです。

ワクワクか~まったくスルーでした(^^;来週のWSでチェックします。
予定が立て込んでるけど、大野さんはちゃんとペース配分して乗り切ってるんじゃないかな、って気がします。
マッサージしてあげたいけど、くすぐったくて無理なんですもんねw
2017-07-08 Sat 00:44 | URL | 眞琴 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-07-09 Sun 19:29 | | [ 編集 ]
月のうさぎさん、こんばんはv-352
確かに髪の毛、かなり明るくなってますね。私はあんまり好みじゃないんだけど…今までずーっと黒でいてくれたから、ここは我慢しますw
私はこないだやっと2回目を観て来ました。確かに、年配の方が結構多いと思いました。そもそも歴史好きの方達なんでしょうね。
でもいろんな場面で笑い声がよく起こっていて、あ、ウケてるw、と嬉しくなりました。
同級生くん、スゴイ動員力じゃないですかw!先生方も楽しんでくれたかな~?さすがにエキストラの顔を認識するのは大変ですよね。でもみんなにとって思い出に残る映画になりましたね。
あと半月早く公開になってたら、パイレーツとの競合も避けられて、もっといい数字が出たんじゃないかと思うけど…う~ん、やっぱ夏の方がもっと稼げるものなのかな…難しいですね。これから出来るだけ長く上映して欲しいです。

石原さとみ、今回で彼女の印象が好転したサトシックは多そうですね。
ホント、サバサバしていたし、共演者をよく観察してますよね。
私達がネガティブな思い込みをしていたこともありますが、彼女も少し変わったような気がしますよ、いい意味で。彼女を変えたのが、年齢なのか、経験なのか、SNSの声なのか、山Pなのか…いろいろでしょうね。
彼女の演技としては、シン・ゴジラよりお国の方が相当シリアス。幅広い役がこなせる女優さん、てことを証明しましたね。
忍びをリピしても、お国の引っ掛かりはなくなったので、ホントよかったです。
前半の怖いほどのクールさが、ラストの彼女の母性をより際立たせていて、泣けますよね。映画館で隣の女性がめちゃめちゃ泣いてたので、私は泣けなくなっちゃったけどw

キムタクと…!そうですね~いつかそんな作品が実現したらスゴイですね!
ホント、そもそも同じ事務所なんですから、もう厄介な垣根は取っ払って、中居くんともキムタクとも、いや独立する3人とだって共演して欲しいものです。
ニノは来年キムタクと共演…是非観てみたいし、これからはこういう共演がどんどん生まれてくれるといいですね。
ニノの麒麟の予告も流れてましたね。共演者が豪華e-420これも是非観ます。

上毛新聞のインタビューなどで、サトシックはまたざわついてますね。なんかやってくれるんじゃないかと。
12月…紅白の司会だけはヤメテ…w
嵐ファンの友達が、忍びの映画は面白かったけど、最後に嵐の曲が流れた途端、あ~…やっぱジャニーズの映画なんだな…って気がして、現実に引き戻された、と言ってました。確かに、そう感じるファンもいたでしょうね。
私は「つなぐ」はあの映画にあってたとは思うけど、ソロじゃなく嵐の曲、っていうのは確かに営業的とは思う。智ソロだったら…という贅沢はどうしてもぬぐえませんね…。
それが今年あれば…どんな素敵な年末になることでしょう…e-420
今まさに忍びで盛り上がってるのに、気が早いですね~私達w

2017-07-11 Tue 20:52 | URL | 眞琴 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-07-12 Wed 15:19 | | [ 編集 ]
月のうさぎの子さん、期末お疲れ様でした。
そして、もう3回観たんですね~!私まだ2回…(^_^;
ニノと大野さんの演技って、違う魅力がありますよね。ニノはやっぱり、上手いです。いろんな意味で「上手い」。そもそもすごいセンスがあるし、場数も踏んでるから役を掴むのも早そう。彼のキレる演技って本当に鳥肌が立ちます。
無門は役作りはあまりしてないと言ってはいましたが…なんというか、大野さんの感情的なシーンというのは内側からほとばしるようなものがありますよね。逆に冷たい表情はまさに光が消えたよう。憑依と言う言葉で片付けると、努力してないように思われるかもしれないけど、やはり大野さんには役と渾然一体となる体質があると思うんですよね…。だからすごく消耗しちゃうんでしょうね。ニノはその点、すごく器用だから、待ち時間とかゲームできるでしょうw?
うさぎの子さんは怪物くんの時そんなに小さかったんだ~v-12!ですよね~もう何年前なんだろ?
確かに大野さんは出演作も少ないし、おまけに特殊な役が多いから、俳優としての力量が知る人ぞ知る、という感じでなかなか一般的ではなかったですよね。
私は鍵部屋で大野さんの演技に驚かされて、後から見た魔王で度肝を抜かれた、って部類ですが、一番泣かされたのは24TVの「今日の日はさようなら」でした。あれはもう、声が変わるほど涙が出て大変でした(TT)そして、苦し過ぎて二度とはリピできませんでした。あの時大野さんはあまりにも耕太で…怖いほど辛かった…。すごく痩せて、ホントに消えちゃうんじゃないかと…。
ニノが「大野さんにかなわない」って言うのは、そもそも役に対するアプローチの仕方も違うから、お互い真似できないって思ってるからかもしれませんね。

うさぎの子さんの同級生くん、動員にもスゴイ貢献してくれましたね!有難いですe-459
暑い中何日もロケ…本当に苛酷だったでしょうね。映画を作るって、ものすごい人海とパワーが要る、って改めて思います。私達は観るだけだけど、その中で経験するって貴重なことですよねe-267
アクションものでもあるし、歴史物でもあって幅広い年代のお客さんがいましたから夏休みも長く上映して欲しいです。
うさぎの子さんも、お母さんと是非夏休み中も観てねe-285

そして、ニノの映画も楽しみです。ニノだから安心して観られるし、どちらも共演者が豪華e-420さすがアカデミー俳優です。
確かに、大野さんは観なそう…w
ニノは忍びの撮影現場に来るくらい、役者・大野智のファンなのにねw

2017-07-13 Thu 16:02 | URL | 眞琴 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |